高温でチタンの加工

  • RSS

 変わった代表印ということで、チタン製の印鑑について研究しています。
チタン製の印鑑が近頃出始めた理由ですが、丈夫で壊れたりへこんだりしないという点だけではありません。

 加工ができるようになったのです。つまり、以前は、加工するには大変な設備が必要でした。
しかし近頃はそれらの設備も容易に取り揃えることができるようになり、加工することができるようになったのです。

 チタンを加工するには、それなりに大変なのです。チタンは高温では、他の元素と結合してしまうらしい。だから、酸素や窒素を遮断することが大切なのだそうだ。しかし、金属の加工をするのは、通常は工場だから、空気を遮断することは無理だ。

 そこでカプセルのような空気を遮断するものを使って+J24いると思う。そういうところで高温でチタンの加工をするのでしょう。

 それにしても、熱く熱すると、他の元素と結びついてしまうとは、まるで酔っ払うと手当たり次第に手を出すというような状態ですね。
 しらふのときは、まじめに仕事する人なのに、酔っ払うと、手がつけられなくなり、女の子に手を出したり、あっちではケンカをはじめたり、そっちでは自慢話に花が咲いたり、こっちでは涙涙でむせいだりと、そんなへんな人間がたくさんいるので、それが普通になっていますかね。

 私は酒は飲まないので、人ごとのように言っていられますが、当人としては酒は大切なものなのでしょう。いやしの水なのでしょうか。

 しかし酒がいやしの水だとすると、多分最低の薬ですね。酒はさめたらもうおしまい。しかも酒に酔うとなにをしでかすか分からないですからね。

 それよりも、コミュニティーに参加して、勉強したり食事したりしてみんなと楽しく交流を持つ方が健全で楽しいですよね。

このページの先頭へ